マツダのクルマ 公取委、下請法違反でマツダに勧告。下請けへの支払い7,8億円を不当減額 忍者ブログ
マツダのクルマ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆公取委、下請法違反でマツダに勧告。下請けへの支払い7,8億円を不当減額

 平成17年7月~18年11月の間、本社工場や防府工場が発注した下請け業者
 58社に支払う代金のうち、約7億7800万円を減額した。

 同社は毎年春に部品の単価を改定。改定前に発注したものでも、納入が改定
 後になった場合は改訂後の価格で支払っていたことが、不当と認定された。
 社内のコンピュータシステムで、納入時の単価が適用される仕組みになって
 いたのが要因という。同社は3月、減額分を下請け業者に返還した。

 平成16年に公取委が下請法違反を行った業者を公表する制度を始めて以降、
 2番目に大きい認定額。自動車メーカーに対する下請法違反の勧告は初。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000947-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000159-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000057-yom-soci
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2008062700782
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア


ブログ内検索
忍者ブログ [PR]